BLAHRMY & DJ FARMY THE DEISEL

チームとしてはもちろん、充実すぎるソロ活動を展開しながらチェーンソーの如き切れ味を磨き続けるBLAHRMYが、ダンサーズと邂逅。

 

ガッチリ後ろを固めるのは、過去に DLIPのMIX音源を幾度と手掛けた盟友farmy the diesel。使用する楽曲は純度200%のNAGMATIC産骨太ビート、と前後左右に死角はなし。

 

MOSS VILLAGE=藤沢を黒く染め上げ続けるモスト・クレイジネス達が一挙に集結する!

 

Text by Yacheemi

 

< PROFILE >

・BLAHRMY・

DLIP Records.所属。

SHEEF THE THIRDとMILES WORDの2MC

神奈川県藤沢=Moss Village のMost Craziness。

2010年1st EP『Duck’s Moss Village』発売後即完売。

2011年アナログ限定12inch『SPANKIN’ SOLDIER』も初回プレス盤完売。

そして満を持して2012年1stアルバム『A REPORT OF THE BIRDSTRIKE』をリリースし、

オリコンのインディーズチャートのTOP10に食い込み、全国へその噂が広がり出す。

 

互いのソロ活動でも2014年12月には、MILES WORD初ソロ作品「INPOSSHIBLE」をリリース。

現場でのLIVEも高く評価され、北は北海道、南は沖縄へとLIVEツアーを行い、

2016年11月にそこで出会ったOlieve OilとのJoint作品「Word Of Words」で一躍その名を全国に轟かした。

そして、ついに2018年1月には、SHEEF THE 3RDも1st Album「MY SLANG BE HIGH RANGE MOSS VILLAGE」をリリース。

互いにBLAHRMYとはまた違った一面をみせ、一人のMCとしての個性を存分に発揮した。

 

そんな二人が再び交わった時、その勢いはさらに速度を増し、

見るものを一発で飲み込んでいく圧倒的なステージで、日本各地を真っ黒く染め上げている。

そんな新たなステージへと足を踏み出した二人の動向は、今後も目を離す事はできない。

 

・DJ FARMY THE DIESEL・

 

DISH LABEL IN POSSHI所属。

 

鋭いSCRATCHと自身の持つ世界観でHARDなHIPHOPの空気感をそのまま表現する事のできる類い稀なDJである。

2009年にEric SermonのCrew、Def Squadの音源のみを使ったStreet MIX CD『The Def Squad Dwells…』をリリース。

2011年にはニューヨークにある、Queensbridgeを渡ってすぐに広がる世界最大の共同住宅 ”Queensbridge Houses” その『QB』エリアを中心にクイーンズボロー出身のアーティストだけに的をしぼったMIX CD『AUTHENTIC Q.U. 』をリリース。

2012年末にはDLIP RECORDS初となるオフィシャルMIX CD『RELOAD’12』のMIXを担当。

決してブレることのない選曲とSTYLEでMOSS VILLAGEを黒く染め上げている。

 

・NAGMATIC・

横浜は本牧出身。DLiP RECORDSの屋台骨。

 

DLiP RECORDSのSOUNDはほとんど彼の指から生み出される。

すべてのREAL MUSIQからインスパイアされた感覚を活かし、一瞬のひらめきと想像を膨らませながら、いつまでも錆びる事のないSOUNDを探求し続けるBEAT MAKER

 

http://dliprecords.com/

SPONSORED BY

SUPPORTED BY