GENTA TANAKA(KINGRAFIX)

その線は写真とも違わない繊細さを持ち、その眼差しは写真には映しだせない程の生命力をはらんでこちらを見つめる。

北海道は釧路を拠点に、全国で創作活動を続けるGENTA TANAKAのライブペイントが今年も開催!
今回はどんな1ページを切り取り、どのように魂を吹き込んでいくのか。僕らの愛するブラック・カルチャーの年輪のごとく、終わりなく重なっていく線の辿る先を目撃セヨ。

Text by Yacheemi

< PROFILE >
北海道・釧路生まれ、3歳から絵を描き始める。シルクスクリーンの技術を得るため上京、創形美術学校に入学。卒業後、元々交友関係があったHi-STANDARD・難波章浩の呼びかけで、沖縄は名護市呉我に移住。

ULTRA BRAiNのメンバーGENTA BRAiNとして、CDジャケットをはじめ、アニメーションPV制作、グッズデザイン等、トータルヴィジュアルアートワークを担なう。

現在は、故郷である釧路を拠点とし、自身が影響を受けたブラックカルチャーを軸に、「絵」というフィルターを通し表現するオリジナルスタイルを貫いている。

全国各地のクラブイベント、パーティーにて、精力的にライブペイントを行う一方、様々なクラブや店舗内へのウォールペイント、オーダーキャンバス作品、自身が手がけるアパレルブランド「phatline」のデザインやCDジャケット、イベントポスターなど、デザイナーとしても幅広く活動している。

2010年、RISING SUN ROCK FESに参戦。同年念願だった初のソロエキシビション、「BLAX in my head.」を開催。
2011年、北見DUB CAFEにてジャマイカをテーマにした展示会「TOP A TOP」を開催。 2012年、当時B.I.G.JOEが経営していた北海道恵庭(現在は江別)のBIG BOY TOYZにて、2013年にはラッパーNAGAN SERVERが経営する大阪MONO ADAPTER、2014年、東京原宿にある Bio ojiyan cafeと、年一回のペースで「BLAX in my head.」を開催。 2015年4月、ニューヨークへ武者修行へと旅立った時の記憶を、「BLAX in my new york.」と題して昨年11月に北海道札幌で個展を開催。

http://www.kingrafix.com/

SPONSORED BY

SUPPORTED BY