”SOWL VILLAGE 2018”の出演権を獲得した5チーム

20171116日(木)、渋谷Club asiaにて「SOWL VILLAGE to 2018 ENTER THE 5TEAM」が開催された。

  本イベントは、2018330日(金) に川崎CLUB CITTA’で開催する年に一度のHIPHOPビックパーティー「SOWL VILLAGE 2018」のダンスショーケースの出演権を懸けたコンテストをメインにしたものである。

  コンテストの選考基準は至ってシンプル。5人のジャッジがそれぞれイケてると思うチームを1組ずつ選出するという形式だ。

  ジャッジを務めたのは、HONGOU(HEX BEX)、YOSHIOS.A.S)、YASS(零)、DUSTY HUSKYDINARY DELTA FORCE)、DJ YOU-KIG.O.D Production)。

ダンサーのみならず、ラッパーとDJが加わる『SOWL VILLAGE』ならではのエレメンツの垣根を越えた興味深いジャッジ陣だ。

  今回エントリーしたのは20チーム。平日深夜の開催にも関わらず、東京、神奈川、大阪、名古屋、仙台と各地から魂の熱いダンサーたちが集まった。

  緊迫した空気の中、コントテストがスタート。

  気迫溢れるステージに圧倒されていたオーディエンスも、YOSHIOの「観ている人たちが音に乗って揺れていると加点したくなる」というコメントをきっかけに、次第に盛り上がりを見せてきた。

  それぞれスタイルや音楽性は違えど、本気度の高いダンスパフォーマンスはオーディエンスも見応えがあったのではないだろうか。

  

 全エントリーチームがショーを終えるとゲストショーが披露された。

 最初に登場したのは、Red Bull Thre3Style 2016 日本チャンピオンの『DJ YOU-KI』。

作り込まれた構成に、スクラッチ、二枚使い、ボディトリックなど、オールラウンドなプレイスタイルでオーディエンスを魅了した。

  続いてステージに上がったのは

HONGOUYOSHIOTAKESABURO MethTESTUDJ YOU-KI、太華』によるスペシャルセッション。

  太華の重厚なビートボックスにDJ YOU-KIがスクラッチを乗せ、ダンサー陣が次々とダイナミックなフリースタイルセッションを交わした。セッションの中盤には、DUSTY HUSKYがマイクを握って飛び入り参加。会場は更なる盛り上がりを見せ、一夜限りのプレミアムなセッションが繰り広げられた。

  そしてステージのラストを飾ったのはダンスシーンに新たな風を吹き込む次世代の実力派『YASS & YUSEI』。

  独創性あふれるパフォーマンスと卓越したスキルで強烈な存在感を発揮し、オーディエンスの心をガッチリと掴み、大盛況のなか幕を閉じた。

RYTHGWRさん(@rythgwr)がシェアした投稿

《結果発表》

HONGOU SELECT

BAD YUM

意気込み

BAD YUM「楽しませることが1番! 私たちにしかできない、他にはないショーをします!」

コメント

HONGOU「カッコつけるところ、音取りどこか1つでも自分たちが1番カッコイイと思っている、そういう気持ちで踊っていた」

DJ YOU-KI SELECT

Naked Science

意気込み

Naked Science「気持ちだけは負けません!さらなるNaked Scienceを見せたいと思います!」

コメント

DJ YOU-KIDJなので踊りの細かい技術とかはわからない部分があるけど、印象に残る曲や繋ぎ方をしていたし、見た目とVibesが単純にカッコイイと思えた」

YOSHIO SELECT

10GAME

意気込み

10GAME 「今回は音源でやったんですけど、当日はMPCを叩いて、生音でかまします!」

コメント

YOSHIO「コンテストっぽく作ってソロを入れたチームもいる中で、Classicにやり通していたし、なによりも仲間感が良かった」

DUSTY HUSKY SELECT

joint times

意気込み

joint times「会場をロックします!」

コメント

DUSTY HUSKY「踊りのことはわからないけど、単純にBeatがカッコ良かった。激レアなBeatを掘ってるjoint timesBig up!」

YASS SELECT

LOCA

意気込み

LOCA「好きなものが集まっているイベントに出られるので、そこでしっかりと自分たちのダンスを見せたいと思います!」

コメント

YASSCrew感はもちろん、それ以上に友達感があって、その踊りを観ているお客さんが自然に声や手を挙げたりするそのやりとりが見えてすごく良かった」

  最後にオーガナイザーの1人であるTAKESABUROが「ソロバトルもいいけど、やっぱりチームは良い! もっとチームが盛り上がってほしい」と今回のイベントを締め括った。

  熱戦を制し出演権を獲得した5チームが、『SOWL VILLAGE 2018』のステージでどんなショーを見せてくれるのか注目していきたい。

text: MSK

photo:Natsumi Kakuto

・movie by Do.Stock Works @do.stock.works @kurotherock

・opening beat by RUFF @ruff410

SPONSORED BY

SUPPORTED BY