SOWL VILLAGE とは??

湘南・藤沢発のヒップホップ村おこしパーティ=『SOWL VILLAGE』

CLUB CITTA’(川崎)にて7年間にわたって行なわれたダンスイベント『STRAD』から発展した形でスタート。「ダンス」に加えて、「ラップ」、「DJ」、「グラフィティ」というヒップホップ・カルチャーを構成するすべての要素を、湘南・藤沢ローカルをベースとした一つのコミュニティ=“村”という名のもとに再結集し、’70年代にニューヨークにて誕生したヒップホップの“魂”を今現在に引き継ぐイベントとして『SOWL VILLAGE』は誕生した。

※SOWL=SOUL(魂)+OWL(フクロウ)からの造語。アイヌでは“神の鳥”とも言われていたフクロウは、夜に餌を狩る夜行性のイメージがナイト・カルチャーであるクラブシーンとも直結し、日本や海外のヒップホップシーンでもたびたび象徴的なモチーフとして用いられてきた。

2017年3月31日にCLUB CITTA’にて開催された第一回目の『SOWL VILLAGE』では、会場内を三つのエリア(MAIN STAGE/CLUB AREA/LOUNGE)に分けて、フェス感も味わえるような3エリア同時進行でのヒップホップパーティを展開。最先端のラッパーによるライヴはもちろんのこと、日本トップレベルのバトルMCらによるフリースタイルのエキシビション・マッチも行なわれ、ダンス界からも日本を代表する面々が出演。さらにDJやアートも絡めて、『SOWL VILLAGE』ならではの独自のセレクションによるこだわりのラインナップにより、初心者も含めて様々な層のオーディエンスが楽しめる、リアルなヒップホップ・カルチャーを体現するイベントとして大成功を収めた。

 



 

『SOWL VILLAGE』は、’80年代、’90年代の古き良きヒップホップにどっぷりハマってきたような人にとっては、自らのルーツに改めて触れるきっかけにもなるだろう。その一方で、ダンスやフリースタイルなどを入口にヒップホップを知り、これからさらに深くこのカルチャーを追求していきたい人にとっても新鮮な刺激を与えるに違いない。そんなヒップホップを愛するすべての人に、我々の村おこしへぜひ参加して欲しい!!

 

SPONSORED BY

SUPPORTED BY